読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンワイアーヘアと歩


ピッチング・スピードアッププログラム

野球をやるためのアピールというのありますけれども、それはすばやい球を投げるに関してってひいては、球を遠くに動かす案件。それがロマンだのですよね。
それでですけれども、
1つのことに絞って、書いていこうとしてあるのです。
それで、今回は遠くに飛ばすことに焦点を当てたいというね。
そこでですが、ピッチングスピードプログラムというのがありまして、それをあげるトレーナー森部様が、どのようにしてスピードアップする向上のメソッドを教えて掛かる。
その森部様も、九州共立大学の准批判もやっていられるそうで、様々方を教えていらっしゃる。それで、九州共立大学ということになりますって、大学生を果して教える機会もあるかと思います。そして、熟練にもなったスポーツマンもいらっしゃる。
森部様の指導を通じて、熟練野球スポーツマンになった方もあるプログラムを参考に早い球を投じる案件できるようになればと思われますね。

そのプログラムなのですけれども、元熟練野球スポーツマンなのですが、こんな方もするプログラムだのですよ。
その森部様の講じる、行っているプログラムとして行っているスポーツマンっていうのは、ソフトバンクの高橋スポーツマンや、WBCで優勝投手にもなり、元近鉄、中日、米で奮闘した、今は、中日ドラゴンズで、2軍で投手コーチをやっている大塚晶則くんね。亭主も行ってあるこのプログラム。
熟練だけでもなく、ノンプロも通用する体感となっており、九州共立大学をはじめ、教え子、高校、はたまた子どもまでが通じるそんなプログラムになっているわけであります。

そういったプログラムでの最大の方となるのは、
軟らかで煩わしい概況つくりといった、ポテンシャルを引き出すトレーイングをするための副産物と申しますか?そのおかげで、速く球をなげる案件できるように、3ケ月で15隔たりアップするようにできるようになっていらっしゃるので、安心してプログラムを行いましょう!

そういったプログラムをやられているソフトバンク高橋秀聡様は、今は、引退されてはしまいましたが、あんな投手でした。
立場スローから150隔たり近くの歩みボールを投げる案件できるのは、相当な向上と、オーバースローにあたって、歩みが出づらいスタイルであることですが、それで走り回りボールだせることは、カレッジ年代で、配慮になったトレーナー。准批判だ森部様の講習にて、高橋様は、速いボール、歩みボールを投げる案件できるように、九州であり、生まれ故郷球団だ、ホークスには掛かる案件できたので、高橋様は、ここで、熟練野球スポーツマンになるという絵空事をかなえたわけであるのです。
それは、ひとえに、もちろん高橋様の苦労は当然あるのですけれども、そういった向上をカレッジ年代から継続的に行ったことにより、立場スローというスタイルで抑制や変化のボリュームやキレで勝負するタイプではなく、思いの丈勝負できるようになったかもしれないです。

筋道が飛んでしまいましたが、高橋様は、立場スローでありながら、フランクで圧す等級の投手でした。それは元々、向上の値打ちでしょうね。
高橋様の真骨頂だ立場スローでのパワーピッチング。これは、立場スローでの投手。これは90ご時世最高の投手の1方だ、斎藤雅樹。現在、ジャイアンツの2軍プロモーターだのですけれども、亭主ぐらいですか?
立場スローでのパワーピッチング。それを可能にしたのは、球の速さ。これを可能にするのは、概況を仮に軟らかにそうして、凄い概況があるからこそ、可能ですよね。
しかし、亭主が繁盛できなかったのは、被害とかもあったのでしょうが、抑制という店先ね。これは知力もありますし、あとは、交渉とか、向上だけではできないことです。
も、この向上プログラムのおかげで、すばやい球を投げる案件見込めることは、すごいアドバンテージになります。
そのことを肝に銘じたいですね。

そして、この森部トレーナーのエースのヤツ様。こうした言いかたはそれですけれども。元主流リーガー、WBC優勝投手の大塚様ですよね。
その大塚様。それについて、書いていきたいと思いますね。
近鉄であの野茂スポーツマンののちに、野茂スポーツマンの近鉄時代の背番号「11」を引き継いだスポーツマンであり、減少の切り札として、大活躍し、2001年代の近鉄バファローズの最後の優勝のときの、減少の切り札でありましたね。
模様としては、酷いストレートといった縦に下りるスライダーが模様のスポーツマンでしたね。
そして、そのあとなのですけれども、中日ドラゴンズに移籍して、岩瀬スポーツマンが、減少の切り札になるまえのクローザーとしても奮闘しまして、念願の米に移籍。
米もクローザーとして、そしてですよ。第1回のWBCありましたが、あの局面、イチローって大塚投手が米で活躍していた主流リーガーとして、登場しまして、出席しまして、クローザーとして奮闘しました。

そのときの大塚投手。
決勝のキューバ戦で、8回から2イニング減少で登板して、優勝投手になりました。あのときは、単純にうれしかったですよ。マニアから言わせるといった。
出身崎捕手って抱き付いていた、大塚投手のあのコーディネート懐かしいし、思い出しますね。
こうして、米でパ衣料で時季30抑制も記録した。バッチグーでしたが、そのあと、故障してからは、苦難の連続であり、そのあたり、はたから見て大変だったな?って思ってはいたのですよね。
そんなこともありますけれども、最後は、熟練野球独立リーグだ、BCリーグの信濃グランセローズプレイングマネージャーとなって、そこで、復旧はできなかったですけれども、大塚投手は、ここで、若手、熟練野球スポーツマンを育てるような位置になり、引退して、今は中日の2軍投手コーチになり、米も奮闘した相対、難点から長くリハビリしていた相対を大塚様は、コーチになって活かしていけたら、は思いますね。

筋道は、はたしてずれてしまったのですけれども、
如何なるほうが、高橋様や大塚投手などの元熟練野球スポーツマンもやっていたこのプログラムだのですが、どんなお悩みをしているそんなほうがやっているのか?というね。
どういうお悩みかと申しますといった。
人一倍、向上ボリュームはこなしているのに、球速が伸びない…
今の講習プロジェクトや向上は、本当に適切だろうか…
などというものの、こんなお悩みをしている大変は大きいと思われます。
どうすれば、更に元熟練野球スポーツマンの高橋様、大塚様という再度速い球をいかにして、投げる案件できると思うのか?
ピッチャーとしての理想的な概況をつくる技術をなんでするのかわからないので、あてはまる。
なので、こんなことを思っているのでしょう?
飛び込みで、「下半身を鍛える」
ピッチングに必要な「肩の筋肉を鍛える」
そんなことを考えているのかと思われます。
ところが、
これだけでは、再三うれしい投手にはなることできません。

それは、トレーナーの森部様から言わせるって、前近代チック向上とした言わざる負えないそうです。
となると、
どういう向上を行うのか?あてはまるところですよね。
その森部様が、高橋様などに行った向上というのもは、どんなのがあるのか?どういうことを教えているのか?効果はあるのか?っていうのは、高橋様とかは気になるものですよね。
延々とサマリーを集めているのでしょうけれども、通常個々人言っていることがバラバラで、自主向上をしているのですが、インパクトが上がっているのか?わからなくて不安である。
熟練も納得して実践している確実な向上プロジェクトをあてはまる。って、言うのもあるので、そっちのスポット、元プロのスポーツマンの意見もありますから。
そのあたり、どういうことを言っているのかいささか思いには変わるそんなところでもありますよね。
そういった高橋様だのですけれども、
まずは、インパクトとしては、被害しなくなった。

高橋様としては、それがベスト著しいものであるでしょうね。
こうして、高橋様が、言っておられたのは、熟練に入ってそういった向上を行ったこととして、歩みが少なくなった結果、自信を持つ案件できた。それが良かった。
歩みが上がったことにより、安心して、抑制の皆さんに集中できるようなこともあるそうです。
高橋様だけでなく、延々と告げる、教わるほうが多いことで、信頼される結果、とことん向上に励めるという案件なのでしょうね。
他にもどういうほうがそういった向上にあたって、やっているのかな?
として、公表している人はですけれどもね。
それはですけれども、さきほどあげました、元ソフトバンクオリックスの投手であった高橋投手。他には、2008北京オリンピックでヨット49er範疇として見事12辺りに入った石橋顕スポーツマン。
ラグビートップリーグ日本一になったときの東芝の主将富岡スポーツマンなどです。

なので、そういった高橋投手。競技は違いますが、石橋スポーツマン、富岡スポーツマンも行っていらっしゃるそういった向上をする結果、どうしてなりますか?
そういったプログラムでは、
・ゲンコツをスイングする調子の速さ
・踏み込みの強さ
・概況が素晴らしくしなる弾性
・足の速さ
・腕力の強さ
・各関節のでかい可動性
など、これ以外にも投手に必要な一律を、このプログラムで進歩&付け足し、球速を140隔たり参照まで増やします。
これは、知力や感性とか関係ないそうです。
150隔たり以上は、知力や生まれつきの体型を含めた知力が関係しますが、140隔たり参照までは、望ましい向上を許す結果、誰にでも到達する案件できます。
これまで会社で様々競技のアスリートと関わり肉体改造といった対応増進の指導してきた経験から、どういう人も実践して、総合的に、そして飛躍的に結果が出る警報となっております。
実践すれば、飛躍的に結果が出ます。
また被害や、さっさと全力できなくなるような間違った向上はないので、将来、肩やひじ、首を壊すようなことは全体なく、警護できるようになっていますので、100パーセント安心して書き込む案件できます。


ピッチング・スピードアッププログラム


お消耗だ。
やりました。最近、開幕ですけれども、勝ちました。去年は4連敗始動だったのでね。それでですけれども、去年は、正味開幕から1遊戯も5割を超えたことがない頂上であり、さみしい実感しましたけど、
その感じは、最近勝ったので、首位ですし、あす勝って、勝ち越しからスタートしたいところでは現れるね。
いやはや、見たい会社。それは対応一報であり、11時点からのですけれどもね。スカパー!でのチャンピオン野球一報あるのですけれども、それをね。みたいな?というね。思ってはいます。
で、ヤクルト以外ではあるのですけれどもね。広島のジョンソンですけれども、5回も持たずに必殺になった品種ね。それはミラクルね。これが、前年と違って、流れが去年は一律カープのやり方だったのが、それがこっちではないのかな?それを象徴する事柄かな?ってね。思って羽織るのですよね。
あとは、ジャイアンツは適切に勝った?

で、他のレクリェーションはどうなったのかな?感覚にはわたるところではいるのよね。
そういえばですけれどもね。ハムは大谷が足の異変でWBCにですけれどもね。辞退に関してになったわけでね。
それでさすがに開幕投手にはできないし、先発投手としてのですが、制御はできていないわけでね。今年はですけれども、DHでスタメンで野手メインで、たまに、リリーフをするのかな?とも思うのですけれどもね。
多分、二刀流にですけれどもね。吊り上げる場合であれば、案の定野手で定め打席を達成するのは無論という結果、そして、投手というのをね。そうするとね。
こうなってしまうとね。DHあるいはよそ者でリリーフしかできないのよね。
ということでもあるけれどもね。そういうのってね、どうかな?ってね。
だいたい、二刀流現れるのであればね、そうするしかないでしょ。ってね。
発表戻してですけれどもね。開幕ね。勝てば最高ですが、負けたら、前もって開幕戦では居座るのよね。そういうこと。

で、前年のことをね。練り上げることをね。勝ったのは良かったですしね。
アスリートね。困難よね。今日はナイターであすはデーゲームという結果、本気ね。
起きる時間も違うし、今日はナイターで難なく寝て、早い時間に起きないといけないのはね。大変ですよ。
とにかく、明日の先発投手はですけれども、この日に備えているから喜ばしいものではあるけれども、野手はね。本気。これで勝っていて、感情すばらしくできていれば良しけれどもね。
負けていたとしても、ぼろ不備とか、あしたに引きずらないような感じではあるからね。
そんな感じであるとね。どうだろう?

で、開幕投手ってしばし有名人同士の相対をね。していかないといけないわけでね。不備が貫くってね。幾らかね。そういった流れになってしまうので、今年はそういった金欠クジみたいな投手は誰かな?とね、幸いですけれども、ウチの石川はですけれども、最近勝つ品種できたのでね。そこから活躍をしてほしいね。で、次は不得意のアウエーか。
というのは、昨日、球数字は多かったとはいえ、何とか調子よくなったところだったので、もったいないといえば、悔しいのですけれどもね。
も、外人投手をお願いの関係ではあるのですけれどもね。お願い消しないといけないわけで、ここで1人様を洗い流すことになるのには、良い結果だったのかな?ってね。
ルーキはナイス投球したが、ギルメットはまだダメに関して。そして、今日の先発投手のですけれども、オーレンドルフってブキャナンを先発循環で回すこととなりそうなので、これは、両先発投手の個性にはやってくるのですが、成果オーライになるかもしれないです。
これで、先発投手のどちらかがわるかったら、ファーストの外人だグリーンを入れて、賢く畠山を休ませながら、使っていくのかな?ってね。思うところですけれどもね。
とにかく、4月の終わりの会社までそのあたりまでで使えそうな部員ってそうでない方を調べる時間にはなっていくのかといった。

で、最近ですけれどもね。テレビで見ると決める。
今日はスカパーではなく、BSで見極めることと行なう。OBだ宮本慎也がですが、辛口な解説をできるのでは?とも思っています。
NHKで解説をしているとどうしても神宮に来る時は特にはないですし、それもマイクの予行で話すことっていうのは、決しては多くはないのでね。
で、今日の遊戯。先発投手がカップルNPBのですけれども、初登板であるから、昨日のマツダ仕事ではないが、山盛り得点の取り合いになって、デーゲームなのに、5スケジュールレクリェーションになってしまい、終わったら、ナイターに関してになってしまう可能性もありそうですね。
うしろの予定見つかるかたは、困った感じになってしまいそうね。夜勤の前に野球という感じですってね。今日はそういうことには向かない遊戯にはなってしまいそうね。
そんなのもあるけれども、不安であるけれども、まるっきり違う経路にもなりそうな感じでもあるね。あれれ行きたかったわ。

さあ。なんとか始まりますね。今日の遊戯でね。如何なる遊戯をね。やるのかな?って思ってはいらっしゃるけれどもね。
ってな結果ね。宮本慎也ですけれども、どういう感じで、古巣ヤクルトを斬るのか感覚にはなっては生まれるのよね。
で、2番ショートから聞き分ける野球観というのもね。感覚には至る会社ね。
それは他の分隊。他の分隊の1,2番バッター。あとはですけれども、内野スキル。とくにショート。セカンドですけれども、そのあたりのアスリートですけれどもね。どういう評判によってみているのか?ってね。目標本位でおもうところでは生まれるのよね。
そんな感じでね。見ていて、どういう感じで野球観を持っているのかな?ってね。それを聞いて、どんな運用になるのかな?とね。思っているのよね。
この遊戯なんですけれども、最も、両分隊ともにですけれども、初登板ので、遊戯が読めないですね。
開幕戦などの有名人相対であれば、うかうかのメドはたつのですけどね。

いやあ、如何なる遊戯になるのか?としていたら、なんとか初回は荒れ果てるようなそんな感じでね。いますね。
で、ベイスターズのルーキー投手ね。すごいね。結果はわからないけれども、握りこぶし振れているからね。今永や開幕投手をしたのですけれども、女房も生きの良い投手ですしね。こういう投手っていうのは、ヤクルトにも来てほしいけれども、きませんね。
っていうのは、ネットワークがないのか、スカウトの握りこぶしが安いのか?ほんのりわからないですけれどもね。
で、ただ今いらっしゃる投げて生じるルーキー氏。けん制とかフィールディングが良さそうなのでね。投球に集中できるのかな?といったね。行く末、球が動く、割愛気味に起きるし、チェンジアップも良的ね。
という結果ね。今日の遊戯からそのあとにですけれども、対戦していってから、どう成長していくのかな?
見ていて、ああいう生きの良い投手っていうのは見ていて、ヤクルトにはどうしてもいないタイプだからねたましいものですよね。

流石ね。遊戯がながくなりそうなそんな感じね。
4スケジュールレクリェーションにはなってしまいそうね。無論初回というか、立ち上がりっていうのは、どんな投手も負担し、ここが勝ち負けなのかもしれないですね。
初回から嬉しい打順に回って生じるわけなのでね。そういうことをね。考えるとね。初回っていうのは、勝ち負けをね。していかないとね。ダメですよね。
で、2回になると、打順が下がってくるからね。きちんと考えるとね。初回といった1ごと投げて、2回になると体感とかそういったのもあるけれども、慣れてはくるからね。
やっぱし、2回になると、落ち着いて顕れるな?というのもありますけれどもね。
で、投手が打順に入ってくるのもあるからね。そこで落ち着いてアウトをきちんと取るということがでね。望めるっていうのは、DHのないセリーグの真骨頂でもあるしね。
で、DHをセリーグでもっていうのあるけれども、それは大非難ですね。
本当に9人様で野球手掛けるものですしね。

投手も打つことが好きなアスリートというのも多いですしね。でも、一本立ちリーグとか、アスリートが少ないのであれば、DHをあって、投手代謝を打順でしかたなく交代して出向く結果、アスリートがいなく陥るような困ったことにはならないようにってね。しておきたいけれどもね。
あとはですけれどもね。もちろん、セってパでは微妙にやることが違っても良いのかな?って思ってはいますね。
よっぽど同じ条件でやっても特質でないわけですしね。
談話かわってね。筒香のですけれども、スパイクなんですけれどもね。ナイキからビムロに変わっていますね。
現在、増えたよね。イチローも頼るし、おいらも草野球をする品種あったら、買ってみたいね。たしか?国産でしょ。それってね。高いよね。足にハッキリなじみそうですしね。
ひとりでに靴っていうのはね。宜しいものをね。履きたいですしね。難点から敢然したいところですね。
あれ?WBCのときから、ビムロだったっけ?っておもうね。

やっと始まりましたね。
っていうのは、夜に、11時点からチャンピオン野球が開催している日光には、チャンピオン野球一報をやっているからね。
多々ヒストリーが入っているっていうのはね。あるからね。次の勝負妻とかを見極めるというのもあるのですけれどもね。
まったく、4月なんでね。はじめてなのでしょうけれどもね。
わかった品種ね。打線ですけれども、川端がいなくても打線が活発なのは、良いことでは掛かるよね。
昨日は、3番山田、4番バレンティンが当たっていなかったのもあるからね。それで打てなかったから、勝てなかったのも余るね。
しかし、今日は、夢しよ会社、依然として、当たっていないという部員いないのと、ここは、嬉しいパーセンテージ。それに心配であるのは、畠山ですけれどもね。個性悪かったもので、ホームランを打てた結果、良いスタートを下回る品種できたのかな?
最近ってこれからのですけれども、遠征も考えると甘い見定めできたのかな?

う~ん。デリケイト。っていうのはね。打つバッターですけれども、そういったときにですけれども、勝ち負けを避けても無事からあると、寸前にストライクを取りやすいというのも掛かるね。
そんなところでもあるから、バントって、一長一短あってね。アウトを贈るというのもあるから、ふさわしい面もあるし、そうではないところではあるからね。そんなことを考えて采配をふるってほしいしね。行く末、バントして、あとのバッターで打ち取られたとしてもですが、そうなったとしても、やることを通じてダメだったというふうにルックス良いですからね。
これで、ダメアウト1塁で打ちをめぐって、双方プレーになってランナーがですけれども、入れ変わってしまうとね。いなくなってしむというね、装いと体感っていうのはね。小さいからね。で、オーレンドルフの評判ね。どうかな?とね。
行く末何回は大切あるかとは想うね。次は、1ウィーク後の広島相手にどうなるかね?

で、そうするとリリーフですよね。ここが機能するか控えるかが勝ち負けでね。
優勝したときはですけれどもね。後ろの外人いるけれども、3第三者がきちんとしのいでくれたし、秋吉も良かったし、久古が左をちゃんと封じるというそういうのができるとふさわしいのですけれどもね。
それが今季できるのか?統率の方程式ができるのか?というところですね。
前年も広島はね。優勝したのは、ジョンソン、野村。黒田などの先発投手の活躍もでかいですけれどもね。でも、リリーフの外人ですけれども、ヘーゲンズ、途中から先発に行ったけれどもね。その代りに今村ね。で、8回は、ジャクソン。最後に、中崎みたいな方程式なんですけれどもね。そういうのが落ちる分隊っていうのは、手強い拠り所なのでしょうけれどもね。
そんな面では、ベイスターズですけれども、初々しい外人のパットンが良さそうでね。なので7回、8回に務め球を放る三上。クローザーに山崎ですね。

ということをね。考えると、他のセの分隊ってね。裏手はしっかりしている分隊に関してになると、ジャイアンツ?
沢村いなくて、新外人が嵌るかですね。山口いて、マシソンいるので、願わくはなりそうなのですけれどもね。あまり思うとね。リリーフきっちりやるのは命ね。
で、ウチ。秋吉は本当は、8回がベストなんでしょうけれども、石山も良いですから、石山8回で、その前にルーキいて、秋吉がラスト9回という個性できそうですから、あとは、左の強打者が多いセリーグでですけれどもね。そんなところでの左殺しという意味ではね。ぜひとも久古の復元をね。望むね。
秋吉が、何だか立場スローんでね。左の強打者だ筒香や阿部、糸井などいるので、そこをトーンできっちり抑えてくれるような投手いていただけるという、候補が増えますからね。
本当に、先発は5回で3点までにしていれば初めて打線のバーストキャパシティー芽生えるのね。

そういうことでね。いよいよ接戦に取り込む品種というのが重要ではあるかとね。そんなふうに思ってはいるのよね。
で、打たれてしまったら。仕方ないというふうに思われてほしいくらいのアスリートでてほしいけれどもね。どうなっているのかな?そういうことでね。
で、阪神とか中日の評価がおいらとしては乏しいのは、必ずしもリリーフで不安がある会社、そして、打線が小さいというところね。そこが壁問題であってね。いくら点をいやにね。帰る迷いあるとね。モチベーションというのがね。上がっては欠けるというのもあるしね。
で、どうでしょうかね?では、1近辺。全部の分隊といった対戦してみて、4月が終わってみての反動を持ってからですね。ゴールデンウイークが終わってから、そこからが勝ち負けでね。接触戦ですよ。これって、直相対ではないので、勝てば大大切でね。レクリェーション差が大きく変わってくれるのでね。パの分隊の援護に夢しよところではあるね。

さあ、今後ね。来週は野球視聴にでもまずは行ってこようかは思ってはあるけれどもね。
で、来週の今頃はですけれどもね。BCリーグの最前開幕戦も行ってきて、どっちが勝っても大丈夫ように、気楽に遊戯が見定める品種できるようにとね。思ってはいますね。
で、来週までに色々現れ用の色紙を以ていこうとね、そういった改革というのをね。しておこうってね。思うのですけれどもね。
もうですけれどもね。まずは日程を見て、行きたい遊戯といったそうではない遊戯というのもあるから、その実感をね。感じておこうとね。思うところではあるけれどもね。
ってな感じですね。
今年はピンポイントでしぼって、野球視聴にでもでかけておこうといったね。思います。儲けないから、そのあたりをね。考えるとね。しぼっていかないとダメであるからね。
ってな感じでね。
よし。金曜にですけれども、色紙やマジックなどを用意しようってね。あとは、携帯の充電忘れないようにしないとね。

無我夢中、好ましいものではありますね。
も、複雑でございます。きょう、現実を崩さなければ、神宮に行く品種できたのにね。
なるほど、失敗しましたね。っていうのは、きょう、神宮球場に行くつもりではいたけれども、それは現実を考えたら、行かないで、休息につかった連日は正解だったけれどもね。
神宮にぜひ行って置きたかったね。
山田のホームランをね。確かめる品種できたわけですしね。バレンティンのタイムリーもあったし、で、最後の最後に、鵜久森が代打でできて、初球をはじめ特有でサヨウナラ満塁ホームランね。
いやはや、つい見極めることのできない。満塁ホームランをあるし、代打で初球サヨウナラホームランも甚だしくしね。
いやはや、9回にまさかの坂口を1アウト2、3塁で迎えて、敬遠して、敢えて山田で勝負して、山田を三振。バレンティンをショートゴロで抑えたので、滅多に欠損でしたが、それもありながら、そのあとに最後にああいうドラマがむかえるはね。

といった、相成りまして、今後の遊戯の方向にも多々すばらしい経路にかけては行くのかな?ってね。思ってはいるそんなところではあるけれどもね。
最近良かったのは、今後、代打の決め球になりそうな。元パリーグのアスリート。右側だと、サヨウナラホームランを放った鵜久森。左ですと、ロッテから大松ね。ここがこうした感じで、代打の決め球がいるは大きいね。
そのうちに内野ならばどこでも守れるし、昨年代打成功率が4割近かった今浪。女房も元パリーグ日本ハムね。ショートでセカンドサードも狙えるというのが、非常に大きい会社ね。
で、行く末気になってはいるのは、榎本ね。女房が打つ品種できるようになったらですけれども、バレンティンや、坂口、雄平の個性次第では休ませながら、かつ守備力を落とさないように狙えるわけでね。火曜日は、藤浪をね。掛かるわけでね。そのあたりね。榎本も代打1番手でね。賢く発揮あるので、成果でてほしいものですね。

で、おいらの中ではこれは他の2カード見ていないで、チャンピオン野球一報って印象ではあるけれどもね。マツダの遊戯ではサウンドをちょこっとづつではあるのですけれどもね。眺める品種できたから、ある程度は聞き取れるけれどもね。
ひとたび、ウチは今の感じであれば。4位は中でも考察かな?ともいえるコースね。
これは個人的な印象で、1近辺当たってみての反動って、4月終わってみて、まずは、GW終わってみて、そして、現在ですと、接触戦始まる予行。終わった後、オールスター前のひと休み。
ここが様々変わり目であって、オールスター明けって始まったら、再度6連戦でより夏は行くわけで、突如秋になっていくようになるし、どういう夏になるのか?
ストーブリーグになってしまうのか、優勝張りあいになっていくのか、それとも失速してしまるのか、ここらである程度の物品っていうのはね。わかってはきますからね。
で、今年の現在をね。思ったことを書くとしようかな?

いよいよと思ったのは、今季上と思ったのは、ベイスターズって広島なんですけれども、それでは広島、妻の自滅に助けられたに関して。いっぽ間違えたら、3連敗もあったわけでね。
それを最前開幕とはいえ、2勝1敗の勝ち越しができたことが大きい。
本当は、ビジター。甲子園はセンバツで使えないので、京セラも無理でか、強行してほっとより神戸での開幕の抜擢もあったのですが、それをしないで、開幕戦をやる権を放棄してくれたから、広島でできたわけでね。これは幅広いし、ジョンソンがあんなに大荒れで必殺されながら、2戦目線、3戦目線には勝てたっていうのはね。
もしも、優勝したら、2戦目線で劣勢から勝つ品種できたに関してね。
で、阪神ね。メッセンジャー。岩貞。藤浪が投げて居る間は強いけど、あとは貧弱でとくに守備のザルさは凄いね。年間100へまは固いでしょうね。
行く末、リリーフのドギマギ特有を見てしまうとはなはだところですね。

で、先発3枚以外ではだいたい、有利にはなっていく品種できるのはね、良い感じですね。勝率も行っても5割かな?という感じでね。あまり打てる状況もないですしね。ただ、最前の甲子園とかですと、桁外れ体感がね。あるからそれに飲み込まれない品種ね。
何となく、先発投手をマウンドから早めに下ろす品種。そちら命ね。
あとは、左打者が多いので、左のリリーフが、中澤か久古スタンバイというところにはなっては訪れるのかな?ってね。
で、中日ね。きついよね。勢いを前年のウチについてつけてしまった。ベイスターズくんなんとか勢いをとめてほしいね。で、近頃永、井納というところが残っていますからね。あんまり、ウチが舐められて増える理由ではあるのですが、ここで敢然として生じるのかな?というね。
中日はついに高橋周平って福田が助かるような感じで、今季行ったほうが、良い結果生まれるのかもってかってに思っています。今年も強い戦いが貫くかな?って思いますね。